Beats Studio3 Wireless レビュー:シンプルな操作性。心地よい Beats by Dr. Dreノイズキャンセリングヘッドホン

beats studio3 wireless レビュー

みなさん。こんにちは。ショー(@ShoSnaplog)です。

家の中でもヘッドホンを使ってます。最近はスピーカー並に臨場感がありますね。

SONYの「WH-1000XM3」はノイズキャンセリング機能が搭載されていますが、同様にBeats by Dr. Dre「Beats Studio3 Wireless」もノイズキャンセリングが搭載されており、騒音がかき消され音楽に集中することができます。

今までノイズキャンセリング機能搭載のヘッドフォンを使用していない人はびっくりするのではないでしょうか。apple製品を持っている方にはBeats by Dr. Dre「Beats Studio3 Wireless」をおすすめします。

イヤホンとの比較ですが「Apple AirPods Pro」よりも音質はよいです。

早速ですが、この記事ではBeats Studio3 Wirelessのデザインや操作性をレビューしていきます!

Beats Studio3 Wireless:外観とデザイン

シンプルなデザイン

Beats Studio3 Wireless ノイズキャンセリング
Beats Studio3 Wireless デザイン

かなりシンプルなデザインです。ロゴからひと目で「Beats」とわかるデザインになっていますね。

ポイント
ホワイト・サンドデューン・シャドーグレー・フォレストグリーン・ブルー・マットブラック・ ミッドナイトブラック・レジスタンス・ブラックレッド・レッド と多くのカラーバリエーションがあり自分の好みの色が選べます。

購入したのは「シャドーグレー」です。グレー色を基調に、ヘッドフォン内側をベージュ、ロゴや金属パーツをゴールドのデザインです。かっこいいですよね。

デザインを損なわない操作ボタン

beats studio3 wireless 操作
beats studio3 wireless 操作ボタン

左ユニット側には音量等を操作できるように物理ボタンがついています。

下側面には、有線接続用のオーディオ入力端子があります。

デザイン性を損なわないように目立たない用になっています。

  1. ロゴ部分:再生・一時停止、長押しでSiriの呼び出し等
  2. ロゴ上部:音量上げ
  3. ロゴ下部:音量下げ
Beats Studio3 Wireless 充電端子
Beats Studio3 Wireless 充電端子

ひと目でわかるbeatsのロゴ

beats studio3 wireless ロゴ
beats studio3 wireless ロゴ

ゴールドとグレーなのでゴールドのロゴが際立って目立ちます。

ヘッドフォンのクッション性がよい

beats studio3 wireless クッション性よい
beats studio3 wireless クッション性よい

ヘッドバンド部分にはクッション性があり、長時間の使用でも痛くありません。

折りたたむことができコンパクトサイズ

beats studio3 wireless コンパクト
beats studio3 wireless コンパクトに

金属部分が折りたたみ可能となっていて、コンパクトサイズになります。このサイズならデスクに置いていても幅を取らず良いです。

持ち運びに便利なケース

beats studio3 wireless 持ち運びケース
beats studio3 wireless 持ち運びケース

持ち運びに便利なケースが付属品としてあります。

beats studio3 wireless 折りたたんで持ち運び
beats studio3 wireless 折りたたんで持ち運び

ケースの中身は、折りたたんだ状態のBeats by Dr. Dre「Beats Studio3 Wireless」がはいります。内側は区分けはされていないので有線接続用ケーブルなど他のモノを入れると傷つくので注意が必要です。

Beats Studio3 Wireless:仕様と特徴

beats studio3 wireless 性能評価
beats studio3 wireless 仕様と特徴

付属品

  1. ヘッドホン本体
  2. 収納ケース フック付き
  3. 有線接続用リモコン・マイク付きケーブル
  4. 充電用Micro USBケーブル
  5. 説明書やステッカー

音質がよい

かなり音質が良いです。ノイズキャンセリングのおかげでノイズを感じることなく音楽を聴かせてくれます。

聞きやすくフラットな音作りです。Beatsは低音が出ている傾向にあると感じていますが、「Beats Studio3 Wireless」は過度な味付けをしていないのでしょう。音質が悪いと感じたことはありません。

ノイズキャンセリング性能はとてもよい

ノイズキャンセリング機能はかなり優秀で、ホワイトノイズもありません。飛行機等の移動時や自宅のリビングなどノイズがある場所でも聞こえず集中して作業ができます。

WH-1000XM3の場合、外音取込機能がありますが、「Beats Studio3 Wireless」はありません。

microUSBでの充電およびバッテリー性能

beats studio3 wireless バッテリーは長持ち
beats studio3 wireless バッテリーは長持ち

microUSBでの充電

USB-C端子での充電ではないため、ケーブルが必要ですね。
最近ではUSB-C対応のワイヤレスヘッドフォンもでてきていますので、これからに期待ですね。

バッテリーは長持ち

  1. ノイズキャンセリングON時は最長22時間
  2. ノイズキャンセリングOFF時は最長40時間
  3. Fast Fuel機能を搭載し、5分の充電で約2時間再生
  4. 充電用Micro USBケーブル
  5. 説明書・ステッカー

Fast Fuel機能を搭載していて、バッテリー残量が少なくなっても5分の充電で約2時間再生できますので、安心ですね。

接続安定性

beats studio3 wireless 接続は安定
beats studio3 wireless 接続は安定

移動時等、接続は安定しており接続が切れることはありませんでした。

apple製品での接続切替がスムーズ

iPadやiPhone、Macとの接続がかなりスムーズです。

Apple W1チップを搭載していますので、iCloudアカウントでログインしている端末に自動で接続の情報が同期されるため、簡単にペアリング先を切り替えられるという仕組みです。

Beats Studio3 Wireless:レビューまとめ

Beats Studio3 Wireless 評価
Beats Studio3 Wireless 評価

ノイズキャンセリング機能のおかげでノイズを感じることなく、フラットな音作りで音楽を楽しむことができる製品です。

操作性や機能性もよくapple製品と組み合わせて使うことで最大のメリットを受けることができます。

充電端子だけUSB-C等にしてほしいですが、これは今後に期待ですね。

ノイズキャンセリングは、ノイズが多いところで作業、テレワークでの自宅作業、飛行機で移動等な使用する場面は多いですし、十分な機能があります。

音質、ノイズキャンセリング機能、操作性、総合的に見て素晴らしい製品です。

良いところ
  • デザインがよい。外出時でもかっこいい。
  • 装着感がよい。
  • 長時間つけても側圧がつよくないため、問題なし。
  • iPadやiPhone/Macと接続の変更が簡単
  • 操作が簡単
  • 音楽、ゲーム、動画なんでも楽しめる
  • バッテリーが長持ち
  • Beats by Dr. Dreなので安心
残念なところ
  • Micro USBでの充電
  • 外音取込機能がない
Beats Studio3 Wireless レビュー
デザイン
 (5)
ノイズキャンセリング
 (4.5)
操作性
 (4)
価格
 (4.5)
満足度
 (4.5)

Beats Studio3 Wireless」はノイズキャンセリングヘッドフォンとしてかなり優秀です。

ぜひ「Beats Studio3 Wireless」をためしてみてくださいね。

Beats Studio3 Wirelessの後継機はいつ発売されるのでしょうかね。今後発売された際は、変更点等についてレビューしますね。楽しみです。

WH-1000XM3の製品レビューもしているので参考にどうぞ。